姉に憧れ私も人間性英才に!中学3年生の挑戦!

本校に入学して1年目の金澤彩月さん(5期予備ベンジャミン生)が、これまでを振り返り自分の成長ストーリーを話してくれました。

 

入学しようと思ったきっかけは姉の存在でした。2つ上の姉も、中学3年生からベンジャミン学校に通っていて、どんどん楽しそうに変わっていき、私にも怒らず優しくなっていきました!入学する前の自分は、上手く自己表現が出来なかったり、親に怒られてはふてくされるといった感じでした。そんな自分を変えたい!姉のように楽しく周りの人にやさしくなりたい、と思って入学しました。

ベンジャミン学校に入って驚いたのは、学校に通っている中学3年生~20歳までの人が、男女関係なく先輩後輩や先生と生徒の上下関係もほとんどなく、気軽に話したり交流出来る雰囲気でした。おかげで、苦手だった大人や先生に自分から話したり相談したりすることが、すんなりと出来るようになりました!

また、自分は失敗することが苦手で、またその姿を皆に見られるのが本当に嫌でした。しかし、ベンジャミン学校でそれも自然と克服しました。毎月1回あるワークショップで、自分の取り組んでいるプロジェクトの発表の時間があるのですが、その時に先輩達が失敗を恐れず挑戦している話をしたり、失敗した人にも「大丈夫、大丈夫」と声をかけてくれていて、その失敗OKの雰囲気のおかげで失敗に対して緊張しなくなりました。

実は、私は来年度もベンジャミン学校に通うことを決めています!来年は高校1年生になるのですが、そこでの新たな出会いや部活動への挑戦をしつつ、ベンジャミン学校を通してしかできない全国の仲間や先生との出会い、また今年行った「毎日お弁当を作る」プロジェクトをさらに大きくして挑戦したりもしたいです!

 

 

 

 

本校の生徒は、このように一般の学校では伸ばしにくい非認知能力や、経験しにくい実体験を求めていらっしゃいます。コロナ禍で対面での交流やコミュニケーションが取りにくい昨今では、さらに本校の存在が求められていると感じています。体験授業や個別相談も随時行っていますので、気になる方は是非本校HPをご覧ください。

 

 

自分らしさ全開!人間性英才への第一歩

自分らしさ全開!それが人間性英才への第一歩

本校に今年入学した生徒がこの9カ月を振り返り自分の成長ストーリーを話してくれました。

入学前の自分は、大学に通っていたのですが、学んでいることが「自分が本当にしたいもの」という感じがせず、何事に対しても怯えていたり不安を感じていました。「このままではいけない。自分を変えたい!」という感じが強くなって来ていた時に、母がこのベンジャミン学校を紹介してくれました。

入学式の前後で先輩達と交流したときの第一印象は、「先輩すごいな」ということでした。当時の自分は、周りの人に関心がなかったり気配りができない人だったので、それが出来て皆に優しい先輩がすごいと感じたのです。

ベンジャミン学校に入って一番変わったことは、自信を持って話せるようになったことです。最初の方は授業の中で、自分の意見や思いを正直に表現できなくて不安でした。しかし、様々なプロジェクトを自分で計画して挑戦したり、動画のナレーション体験や国際交流オンライン授業、そして普段の授業での発表やディスカッションを通して意見を言う機会が増えて、小さい頃のように自然と発言出来るようになりました!

今後の目標は皆と一緒に取り組んでいる、ベンジャミンHSP12段(逆立ち歩きで50歩あるく)を達成することです!これを通して、失敗してもぶれずに自分をコントロール出来る人になりたいです。

 

ベンジャミン学校は、皆が機会を得られる場所だと思います。普段自分がしないようなことに挑戦したり、普通の学校と違い発表する機会が皆にあり、身体と心と脳がバランス良く鍛えられるのがオススメポイントです。

私は、正直まだ夢や人生の目標が明確ではないですが、自分で自分の人生を選択して創造していく人になりたいです!

 

 

 

【すべて見せちゃいます!】オンラインオープンキャンパス

「夢を見つけて叶える」をテーマにした、新しい学校!日本ベンジャミン人間性英才学校。2016年の開校当時からオンラインシステムを活用した授業を行い、生徒からは「自分で選択する力がついた!」「本当に分かり合える仲間ができた」と好評の本校。

その秘密を余すことなくご紹介致します! 「人間性英才ってどんな人?」「普通の学校だけでは満足出来ない」「夢や夢中になれるものを見つけたい!」そんな方は是非参加して、在校生と交流してみてください。

本校の学習館での参加、あるいはスマホ・パソコンでご自宅からの参加も可能です。


【日時】
2020年12月12日㈯ 15:00∼18:00
15:00~17:00 体験授業
17:00~18:00 学校紹介・説明
【参加方法】
オンライン会議室で行います。詳しくはお申し込み後にご案内致します。
【お申込み】
☎052-307-1831または下のボタンより

【毎月開催】オンライン体験授業

本校ではオンラインシステムを活用した授業を2016年開校当時から行っております。授業と言っても、英語、数学、理科といったじっと座って行う座学でなく、全国の仲間たちと身体を動かしながら楽しく交流しながら行う体験型の授業を行っております。今回はそんなオンライン授業を体験会頂ける機会になります。

「人間性英才ってどんな人?」「普通の学校だけでは満足出来ない」「夢や夢中になれるものを見つけたい!」そんな方は是非参加して、在校生と交流してみてください。

本校の学習館での参加、あるいはスマホ・パソコンでご自宅からの参加も可能です。


【日時】
2021年1月27日(水) 19:00~21:00
【参加方法】
ZOOMで行います。詳しくはお申し込み後にご案内致します。
【お申込み】
☎052-307-1831または下のボタンより

 

挑戦したら何でもできる!

4期生の金澤美月さんが、入学してからを振り返り、以下のように自身の成長を話してくれました。

「私はずっと歌が好きで、人前で歌いたいという思いがありました。しかし実際に歌ってみると緊張してしまい、お母さんのそばでしか歌うことができず、満足はできませんでした。そこで私は入学してからの1 年の目標を『人前で1人で歌えるようになること』にしました。

まずはBOS授業がある時に先生に自分の歌を聞いてもらうことから始めました。それからだんだんと一般の人々の前でも歌うようになりました。自分が歌えるようになったという実感が湧いたのは9月のワークショップが終わった後の関西ベンジャミンフェスティバルの時でした。今までは完全に緊張が抜けずに少
しの不安が残っていたままだったのが、その時は緊張が少しずつ解れていき楽しくなってきました」

「私が自分の目標を達成できるようになったのは、ベンジャミンHSP12段があったからだと思います。1段の腕立て伏せを15回で諦めていた私が、自分で『30回やるんだ』と選択してやれるようになりました。2 年目では『4 段の三点倒立を壁から離れて1分保持をする』と自分で決めました。そして何度も何度も練習を続けた結果、9月にようやくできるようになりました。頑張って壁なしでやると決め、挑戦してやり続けることで三点倒立ができるようになったことは私にとっての大きな自信につながりました。今は9 段に挑戦していますが、自分の中では12段の逆立ち歩きも夢ではなく『私ならできる』と強い思いがあります」

「他の成長としては、昔は家でお母さんに『これやりなさい』と上からものを言われると黙ってしまい、うるさいなと感じていたのが、自分の感情を客観的に眺めることができるようになったことで、お母さんからの言葉を素直に受け止めることができるようになりました。また怒られることもなくなり、自分から率
先して家事を手伝うようになりました」

「私は、このベンジャミン学校にもう一年間通おうと思っています。今度は私がこれまで見てきた先輩方のように自分も周りの人を引っ張っていける存在になりたいと思っています」

1/19 ベンジャミンフェスティバル(関西) 開催決定

2020年1月19日(日)にベンジャミンフェスティバル(関西)を京都で開催します!

ベンジャミンフェスティバルとは、本校の生徒達が「ベンジャミン学校がどんなところで、自分達は何をしていて、どんな成長があったのか」発表、また参加者にも体験して頂けるものです。

夢を見つけて実現する一年間を過ごしている生徒達が、熱くその秘訣を話してくれます!本校にご関心のある方、保護者の皆様、本校を応援してくださる方、どなたでもご参加いただけます。是非ご参加ください。

〇開催日程
2020年1月19日㈰ 14:00〜17:00

〇開催場所:
京都市下京区月鉾町52イヌイ四条ビル3階
地下鉄四条駅・阪急烏丸駅24番出口から徒歩2分(下に地図あり)

〇参加費:無料

〇お申込み:
☎ 070-1826-0358(担当:小川)
info@benjaminschool.org

本校は 2016 年に開校した、生徒が夢を見つけて実現できるよう導くオルタナティブスクールです。通常中学校を卒業した後は進学か就職の2つの選択肢から選ぶかと思いますが、本校ではやる気のある子、普通の学校では満足できない子、夢や進路を真剣に考えている子どもたちに第3 の選択肢をご提案しています。本校の提案は進学や就職の前に1 年間ブランクを設けて、自分のやりたいことや、人生の夢を見つけられるような時間をもつことです。対象年齢は15 歳~ 20 歳であり、また一般の学校に通いながら本校にも通えるようにカリキュラムを準備しています。

ベンジャミン学校4期生入学式と3期生卒業式~自己肯定感や夢の実現をサポートする脳教育系オルタナティブスクール 

日本ベンジャミン人間性英才学校は4月7日、三重県志摩市にて4期生の入学式と3期生の卒業式を同時に行います。 

 

日本ベンジャミン人間性英才学校は、脳教育を本格的に取り入れたオルタナティブスクールです。生徒の主体性を重視し、自己肯定感を高める教育を行っています。 生徒が自ら企画する「ベンジャミンプロジェクト」を通して、成長や夢の実現を後押し。生徒一人一人が抱える課題や悩みに寄り添い、脳教育を活用して自ら解決できるよう、サポートしています。 


また、「社会を学び舎に成長する」というコンセプトのもと、ボランティア活動などの社会体験を通して生徒を成長へと導きます。実社会で活躍する様々な分野のスペシャリストを「メンター」として任命し、支援やコンサルティングを行っています。
 このほか、生徒が参加できる国際交流イベントも随時開催。全国各地の学習館での「脳教育授業」、自宅で受講できる「オンライン授業」も提供しています。 

 

今回卒業する3期生は在学中に、それぞれの夢の実現に向けて、様々なプロジェクトを企画し、挑戦しました。例えば、シンガーソングライターを志望する生徒は自作の歌の発表会を行い、国連で働くことを希望する生徒は環境保護活動やプレゼンテーション・コンテストへの参加を通して「地球市民」という考え方を大勢の人たちにシェアしました。 の脳教育プログラムにより、行動力や集中力が高まったことで、スポーツ大会などで優秀な成績をおさめることができた生徒もいます。ふだん通う一般の学校で成績がアップしたり、生徒会長に選ばれてリーダシップを発揮したり、一人一人がいろいろな形で成長を遂げました。 


一般の学校では、学校や教師から与えられた課題をこなすことが中心になりがちです。日本ベンジャミン人間性英才学校では、「何をやるか」を自ら考え、行動していきます。それによって、自分が決めて行動していく喜びを味わうことができます。この喜びが勉強やスポーツなどのモチベーション向上につながります。
 には、高校や大学などを休学して入学する「完全自由学年制」と、学校に通いながら入学する「学校在学制」の2つのコースがあります。入学生は、随時募集しています。 


日本ベンジャミン人間性英才学校4期生入学式及び3期生卒業式


日時:4月7日(日) 14:00~16:00

場所:ILCHI HSP 伊勢研修院
   三重県志摩市浜島町迫子864-140 

(3/10)日本ベンジャミン人間性英才学校 学校説明会

2019年3月10日(日)、関東にてベンジャミン学校説明会を開催いたします。当日は卒業生、在校生も参加して本校の雰囲気を、見て、知って、体験していただける機会となっております。4期入学をご検討の方、あるいはオルタナティブスクールにご興味をお持ちの方は是非ご参加ください。

〇会場:(同日に2か所で行います。)
(13:00~15:30)JACKMACKWREL SANDWICHI
東京都港区高輪3丁目9−15−1F オーク高輪ビル

(18:00~20:30)150喫茶ten)
東京都新宿区下落合3丁目17−35

〇日時:2019年3月10日(日)
〇対象:中学生以上(保護者参加可)
〇参加費:1000円()ドリンク付き
〇お申し込み:090-5309-5342(担当:糟谷)

 

何かご不明な点がございましたら上記担当者又は
お問い合わせフォームでご連絡ください

第4回中央ワークショップ & 日韓グローバル人間性英才キャンプを開催

2月9~11日に、日本ベンジャミン人間性英才学校の第4回中央ワークショップと日韓グローバル人間性英才キャンプが行われました。今回のテーマは「ベンジャミンは地球市民だ!ベンジャミンはグローバルリーダーだ!」ということで、3期生のほかに、韓国の生徒と新年度入学希望者などを合わせた20人が参加しました。

初日は、3期生と韓国の生徒が交流しながら、チームワークゲームなどを行いました。みんなでひとつの丸い板を持ち、風船を落とさないように連続で打ち続けるゲームでは、1,200回を目標にスタート。失敗をくり返しながら何度も挑戦し、ついに目標を大きく上回る1,510回することができ、心を一つに合わせて成し遂げる達成感を体験しました。

2日目は、ベンジャミントークコンサートを行い「ベンジャミン学校とは」というテーマで自分の想いをそれぞれ発表しました。午後には新年度入学希望者も合流して、レクリエーションで体を動かしたり、自分の関心のあることを見つけて発表したり、ペアを変えながらお互いを褒めたりと、初めて会う人ともどんどん親しく仲良くなっていきました。

3日目は、砂浜で運動会WBC(Winter Benjamin Championship)を行い、チームのみんなで取り組む楽しさや、途中は大変でも心を合わせて成し遂げる喜びを味わいました。ほかの生徒が諦めずに頑張っている姿に、周りで応援していた生徒にも、感動と気づきがあったようです。

日本ベンジャミン人間性英才学校ではこのようなワークショップを年4回、翌年度入学希望者も参加できるキャンプを年1回行っています。生徒たちは生まれた時期も育った場所も違いますが、帰るころには同じ地球に住む地球市民としてお互いを尊重し合えるようになっています。実体験を基にした人間性英才教育をぜひ体験してください!

 

全国の体験会一覧はこちら

新入生募集中!詳しくはこちら

考えを超えて!脳教育で本来の純粋な自分に戻り、意志の強い自分に

3期生の鈴木 拓哉(すずき たくや)くんに、入学してからの9カ月で成長したことを振り返ってもらいました。

「入学する前から、様々なことに挑戦していました。シンガポールに短期留学したり、ボランティア活動で炊き出しをしたり・・・。でも、それらは自分で意思を持ってすると決めたというより、たまたまそういったチャンスが目の前にきたからしたという感じでした。行動的でしたが、それ以上に考えに陥ることが多く、将来について考えがまとまりませんでした」

「ベンジャミン学校での1年を振り返ると、ため込んだ意志が溢れた感じでした。ワークショップなどで、深く考えず皆とただ純粋に遊ぶことを通して、自分の中にあった意志に気付きました。また自分の意志がはっきりとすることで、コミュニケーションにおいても大きな変化がありました。前は相手のことなど考えずに周りに流されるように話すことが多かったです。でも今は自分からより積極的に話すようになりました。相手のことを考えて空気を読んで話すこともできます。また考えに陥らず自分をコントロールして、もっと相手を思いやれるようになりました

「『選択すれば成し遂げられる』(※1)も体得できたと思います。予想以上に時間がかかったり大変だったりすることがほとんどですが、決めたことがイメージ通りになるようになりました。特に生徒会長になろうとした時は、前期の選挙では選ばれなかったけれど、諦めずに強い意志で次の選挙に向けて準備して、後期で選ばれました!」

「この9カ月で成長したなとは思いますが、目に見える変化がまだ少ないので、これからは成長した部分を更にアウトプットできるようにしていこうと思います。ベンジャミン学校で気付いた留学や起業といった目標に向かって、これからも頑張ります」

何の問題もなくよくやっているように見える生徒でも、進路・人間関係・自分自身に関する思春期ならではの悩みがあると思います。ベンジャミン学校ではそんな生徒一人一人が抱える悩みに寄り添い脳教育を活用して自分で解決できるように導いています!

※1…BOS(Brain Operating System)の5つの法則の一つ

脳教育とは?詳しくはこちら

新入生募集中!詳しくはこちら