【保護者の声】保護者から見た生徒の成長

本校の保護者様がお子さんの成長を話してくださいました。

【保護者の声】学校の発表ですら声が震えていた娘が、ベンジャミン学校で自信をつけて高校受験で大躍進!

 

【保護者の声】もうイライラしない♪明るい仲間と先生の環境に預けた方が育つ!

 

【保護者の声】将来が不安だった孫が、一人前になれたのはこのおかげ!

 

【保護者の声】なぜ「子どもの自由な成長を応援出来るようになった」のか?

 

 

トークコンサート2021 成長&プロジェクト発表

本校では、生徒が自分の成長を発表する機会を多く作っており、それを通して自己表現やコミュニケーション能力、自信を育てています。

2021年2月17日にオンラインで行われたトークコンサートで、生徒たちが、自分自身の成長、また自分が行ったプロジェクトについてまとめて発表しました。その様子をご覧ください。

 

【トークコンサート】やりたいことがなかった僕が、何でも挑戦するようになった理由|久保くんの成長&プロジェクト発表

【トークコンサート】ベンジャミン学校での成長が高校受験に役立った!|金澤さんの成長&プロジェクト発表

【トークコンサート】高1の女の子が得意なアートを通して寄付金を集めた方法|二宮さんの成長&プロジェクト発表

【トークコンサート】引きこもりだった僕が、マラソンや滝行に挑戦するまでの成長!|岩崎くんの成長&プロジェクト発表

【トークコンサート】自信がなかった私が「声優」という夢を見つけ、それに挑戦する過程!|金澤さんの成長&プロジェクト発表

【トークコンサート】英語赤点だった僕が、海外留学を志すまでの成長!|井上くんの成長&プロジェクト発表

 

 

夢を見つけて、夢に近づく3年間!

本校に入学して3年目の金澤美月(みづき)さん(5期アドバンス生)がこれまでの成長を話してくれました。

「入学する前は、自信がなくて人前で発表することが凄く苦手で、何しても集中力が続かないので諦める癖もありました。祖母の紹介でベンジャミン学校の体験会に参加したのですが、その時に先輩たちが大勢の前で発表している姿を見て、すごいっ!と感動しました。自分もあんな風になりたい!と思い、入学しました!」

「入学してからは、韓国やアメリカの生徒とのオンライン国際交流やニュージーランドキャンプ(※)、歌をうたうプロジェクトや料理プロジェクトなど、様々なことに挑戦しました。どれもこれも初めての事ばかりでしたが、やっていく中で「失敗しても大丈夫だ」と思えるようになりました。
すると、3年目の今年には自分の夢まで見つけることが出来ました。正直、入学するときは、この学校で夢を見つけられるなんて思っていませんでしたので、凄く嬉しかったと同時に驚きました。」
(※)活動は2019年に行いました。

私の夢は、声優です。担任の先生と相談して、まずは声優の専門学校に行き、声優の仕事を体験することになりました。その当時の私は、声優が簡単な仕事だと思っていたのですが、実際に挑戦してみると、キャラクタの性格や感情を声だけで表現しないといけないので凄く難しいことがわかりました。」

「しかし失敗を恐れなくなっていた私は、その後もベンジャミン学校の先生に、短い動画のナレーションをする機会を紹介してもらって挑戦したり、オンライン授業や行事の際には積極的に司会に挑戦したりして、訓練を積み重ねていきました!特にオンライン授業の司会が、将来声優になりたい夢にもつながると感じました。なかなか表現出来なかったトーンや感情、スラスラ話すことも、司会をしながらレベルアップ出来ました!」

「私は日本べンジャミン人間性英才学校を今年で卒業しますが、これからも声優に向けて芸術学校に進学出来るように頑張ります!将来は声優を通して、聞いている人が穏やかになれ、また同じように夢を探している人の力になりたいです!」

生徒の詳しい発表が動画でご覧いただけます♪

【随時開催】個別相談・個別オンライン説明会

 

 

「高校にも通いながら、受講できるの?」

「夢を見つけて叶えるってどうやって?」「どんなことをするの?」

「先生は誰?クラスはあるの?」「どんな子が通うところ?」

「オルタナティブスクールって何?」

「日本ベンジャミン人間性英才学校ってどんなところ?」

・・・・など、様々な疑問にもお答えしながら、学校説明を行います。zoomを使ったオンラインで行います。

 

保護者の方のみの参加、お子さんと一緒のいずれも大丈夫です。

 

【日時】

 ご希望の日時を、事務局までご連絡ください。

こちらから 「5.その他のお問い合わせ」を選択して、お問い合わせください。

事務局から改めてご連絡させて頂きます。

 

 

保護者オンラインサロン3/16

本校は創立5周年を迎えるオルタナティブスクールです。14歳~20歳のこども達が「夢を見つけて叶える1年間」を過ごすことが出来る学校となっており、また名前の通り、一般の学校やご家庭では伸ばしにくい人間性を大切にしております。
思春期・反抗期のこどもということで、保護者の方の方からお悩みや質問も多く頂いており、本校では定期的な保護者オンラインサロンを行っております。今回は特別に一般の方にもご参加頂けるように機会を準備致しました。
思春期・反抗期のお子さんとの関わり方や、お子さんの夢や進路をどうサポートしていけばいいのかお悩みの方の、参考になればと思います。

日時:3月16日㈫20時~ 約1時間

参加:無料
方法:ZOOMを使用
    *↑こちらのお問い合わせフォームより、お申し込みください。

言葉や文化の壁を越えて 人間性の大事さを世界に広げたい

言葉や文化の壁を越えて人間性の大事さを世界に広げたい

本校の5期アドバンス生の井上善貴(よしたか)君に入学してからの2年間を振り返ってもらい、自分の成長ストーリーを話してもらいました。

入学する前の自分は人見知りで、初対面の人と交流や会話をすることが苦手でした。それ以外にも、学校や家で何かを準備したり計画を立てることが苦手でした。ですが、今は日本ベンジャミン人間性英才学校のおかげで、それを克服することが出来ました!

この学校では、お互い交流する時間を沢山持ちます。ワークショップでは、地球市民意識を高めるために、街の人たちとフリーハグやゴミ拾い活動(※)などを行ったりしましたが、人見知りだった僕でも少しずつ自分のペースで挑戦することで、皆と一緒に笑い楽しく交流することができ、苦手だったことが楽しく感じられました。

それ以外にも、ニュージーランドで行われた国際キャンプにも参加し、海外の生徒と交流する経験も出来ました。お互い言葉が通じなかったですが、自分の知っている英語を使って話すことが楽しかったです。それがきっかけで、英語学習への関心が湧いてきました。日本に帰ってから、英語のプロジェクトを立てて、半年以上毎日英語単語を一文字ずつ覚えたり、Youtubeをみて発音の練習などをしていました。そして英語の勉強が、自然と自分の習慣になってきてきました。

また、日本ベンジャミン人間性英才学校での2年目では、後輩のサポートや授業の進行を手伝うようになり、それを通して色々と計画する力も身につきました。最初は、準備や計画をすることが何からしていいか分からず、あまり積極的にできず、めんどくさいと感じていました。しかしだんだんと慣れてくると、リーダシップや責任感を持って出来るようになりました!

それを通じて、自から行動する力が出来ました。

この学校に2年間通ってみて、国際交流やプロジェクト活動など様々な体験をしましたが、一番成長したことは『人間性』が伸びたことだと思います。礼儀や挨拶の大事さや、仲間、先生、親を尊重する心、自ら行動する力などが、この2年間で身につきました。また、将来は海外留学をして、世界中に『人間性』の大事さを伝えたいという目標も出来ました!

(※)活動は2019年に行いました。

【動画あり】1年間の集大成!トークコンサート開催

日本ベンジャミン人間性英才学校の5期生が中心となり、自分たちの1年間の成長や行ったプロジェクトについて発表する、トークコンサートを2月17日オンラインにて開催しました。企画・準備・当日の司会進行まで、全て生徒が中心となり、2ヶ月前から準備を行ってきました。当日は60人近い方が参加してくださり、生徒への質問や応援の言葉を、多く頂きました。

トークコンサートは、学校の紹介クイズから始まりました。本校は変わったところが多くあり、それを参加してくださった皆様にもわかってもらった上で、自分たちの発表を聞いてほしいという、生徒のアイデアからこのコーナーが誕生しました。

また、生徒たちが100日間取り組んできた100日プロジェクトの感想を発表する動画を、事前に集めて編集した動画も公開されました。(※1)そして、最後には、生徒たちが入学してから行ってきたプロジェクトの紹介や自分の成長を、お手製のPPTを見せながら発表しました。

二宮さん

岩崎くん

金澤さん

井上くん

久保くん

金澤さん

<生徒の感想>
リハーサルと違い、クイズの答えが参加者の皆さんから大きな声で返ってきて嬉しかったし、皆さんが楽しそうで嬉しかったです!また皆さんから多くの応援メッセージをもらえて嬉しかったです!

予定外のこともあったが、皆に見守ってもらいながら発表出来て良かったです!仲間の発表にも感動したし、この子はこんな成長があったんだと知れたのも自分の力になりました!

<参加者の感想>
最初に学校紹介クイズをやり、ドキドキワクワクで面白かったです。自分たちで準備や構成など考えたのだと思いますが、その過程が大きな力になり、自信になり、共に歩む連帯感とやり終えた達成感を味わえる事が素晴らしいと思います。1年間で成長している事、よく伝わって来ました。

生徒の皆さんが頑張っておられるのが伝わってきました。通常の学校と併用、ベンジャミン一本とどちらもできることがいいなと思いました。息子だけでなく知り合いでも必要な子がいれば是非紹介したいです!

トークコンサート素晴らしかったです✨自分で課題を出して、それを実行していく間に様々な困難にぶつかる。それを乗り越えて人間として成長していく素晴らしさ❗今の日本の教育では、出来ない一人一人の個性の育て方、感心しました。何より皆さんが明るく生き生きしていました。

 

姉に憧れ私も人間性英才に!中学3年生の挑戦!

本校に入学して1年目の金澤彩月さん(5期予備ベンジャミン生)が、これまでを振り返り自分の成長ストーリーを話してくれました。

 

入学しようと思ったきっかけは姉の存在でした。2つ上の姉も、中学3年生からベンジャミン学校に通っていて、どんどん楽しそうに変わっていき、私にも怒らず優しくなっていきました!入学する前の自分は、上手く自己表現が出来なかったり、親に怒られてはふてくされるといった感じでした。そんな自分を変えたい!姉のように楽しく周りの人にやさしくなりたい、と思って入学しました。

ベンジャミン学校に入って驚いたのは、学校に通っている中学3年生~20歳までの人が、男女関係なく先輩後輩や先生と生徒の上下関係もほとんどなく、気軽に話したり交流出来る雰囲気でした。おかげで、苦手だった大人や先生に自分から話したり相談したりすることが、すんなりと出来るようになりました!

また、自分は失敗することが苦手で、またその姿を皆に見られるのが本当に嫌でした。しかし、ベンジャミン学校でそれも自然と克服しました。毎月1回あるワークショップで、自分の取り組んでいるプロジェクトの発表の時間があるのですが、その時に先輩達が失敗を恐れず挑戦している話をしたり、失敗した人にも「大丈夫、大丈夫」と声をかけてくれていて、その失敗OKの雰囲気のおかげで失敗に対して緊張しなくなりました。

実は、私は来年度もベンジャミン学校に通うことを決めています!来年は高校1年生になるのですが、そこでの新たな出会いや部活動への挑戦をしつつ、ベンジャミン学校を通してしかできない全国の仲間や先生との出会い、また今年行った「毎日お弁当を作る」プロジェクトをさらに大きくして挑戦したりもしたいです!

 

 

 

 

本校の生徒は、このように一般の学校では伸ばしにくい非認知能力や、経験しにくい実体験を求めていらっしゃいます。コロナ禍で対面での交流やコミュニケーションが取りにくい昨今では、さらに本校の存在が求められていると感じています。体験授業や個別相談も随時行っていますので、気になる方は是非本校HPをご覧ください。

 

 

3/14 体験ワークショップ(オンライン) 開催決定

2021年3月14日(日)に体験ワークショップを開催します!

日本ベンジャミン人間性英才学校の体験ワークショップで自分の夢と出会おう!

学校との両立が可能な数少ないオルタナティブスクール。その授業の一部が体験できるチャンスです。今回は、何とアメリカの生徒との国際交流を、在校生と一緒に体験して頂けます!


【日時】
2021年3月14日(日)10:00 ~ 18:00

【参加方法】
zoomオンラインで行います。詳しくはお申し込み後にご案内致します。

【お申し込み】
こちらをクリック

2/17 ベンジャミントークコンサート(オンライン) 開催決定

2021年2月17日(水)にベンジャミントークコンサートを開催します!

トークコンサートとは、本校の生徒達が「ベンジャミン学校がどんなところで、自分達は何をしていて、どんな成長があったのか」発表、プレゼンするものです。

夢を見つけて実現する一年間を過ごしている生徒達が、熱くその秘訣を話してくれます!本校にご関心のある方、保護者の皆様、本校を応援してくださる方、どなたでも無料でご参加いただけます。是非ご参加ください。


【日時】
2021年2月17日(水)20:00~21:30

【参加方法】
zoomオンラインで行います。詳しくはお申し込み後にご案内致します。

【お申し込み】こちらをクリック

日本ベンジャミン人間性英才学校とは

本校は 2016 年に開校した、生徒が夢を見つけて実現できるよう導くオルタナティブスクールです。通常中学校を卒業した後は進学か就職の2つの選択肢から選ぶかと思いますが、本校ではやる気のある子、普通の学校では満足できない子、夢や進路を真剣に考えている子どもたちに第3の選択肢をご提案しています。
本校の提案は、進学や就職の前に1年間ブランクを設けて、自分のやりたいことや人生の夢を見つけられるような時間をもつことです。このような取り組みは東京大学や京都大学などが1年生に向けて行っている、いわゆるギャップイヤーの制度の中高生版であります。対象年齢は15歳~20歳であり、また一般の学校に通いながら本校にも通えるようにカリキュラムを準備しています。