世の中に役立つ挑戦!オリジナルTシャツで寄付

本校に入学して2年目の二宮空さん(5期生)が、これまでを振り返り自分の成長ストーリーを話してくれました。

 

 

私は中学3年生の時に入学して、中学受験をしながらベンジャミン学校に1年間通いました。今振り返ると入学当時の自分は、静かで恥ずかしくて縮こまっていた感じでした。そんな私でしたが、ベンジャミン学校で様々な学年の人や全国の友達たちと楽しく交流したり、自分のプロジェクトを毎回の授業で発表したりすることで、どんどんと自信がついていきました!

特に自分の成長を感じたのは、今年春に高校に進学した時でした。新しい学校で全く知らない人と抵抗なく話したり、クラスの発表で緊張しなくなっていたのが嬉しかったです。

私は去年と今年それぞれ1つずつプロジェクトを行いました。昨年は、自分がただただやってみたかった、絵本作りを1年かけて行いました。そして今年はTシャツを作り売上を寄付するプロジェクトを計画しました。ベンジャミン学校で、社会や周りの人に貢献する「弘益」(※1)というスピリットを学んだので、それを実践するためにこのプロジェクトを計画しました。

プロジェクトを進めながら、様々な問題が起きました。自分が最初にデザインしたTシャツは予算に収まらず、デザインと予算の両方の条件を満たすように修正するのが大変でした。また、もともとお金があったわけではないので、親にお願いしてお金を借り、収益や費用などを計算してしっかりとお金を返して、かつ寄付もできるように販売金額を設定したりもしました。また皆にプロジェクトのことを知ってもらうためにチラシも自分で作成して、多くの人に案内しました。

 

 

 

頼んだTシャツが届いて、購入者に向けて真心でメッセージカードを書いたり丁寧に梱包している時、本当に嬉しくなってきて、このプロジェクトに挑戦してよかったと感じました。100枚注文したTシャツも残り20枚になりました。早く全部売り切り、利益を寄付するのが楽しみです!

 

※1…弘益(読み:ホンイク)誰でも意識の深いところでは、世の中のために何か良いことをしたいという心があり、それを弘益という。

 

 

保護者オンラインサロン

本校は創立5周年を迎えるオルタナティブスクールです。14歳~20歳のこども達が「夢を見つけて叶える1年間」を過ごすことが出来る学校となっており、また名前の通り、一般の学校やご家庭では伸ばしにくい人間性を大切にしております。
思春期・反抗期のこどもということで、保護者の方の方からお悩みや質問も多く頂いており、本校では定期的な保護者オンラインサロンを行っております。今回は特別に一般の方にもご参加頂けるように機会を準備致しました。
思春期・反抗期のお子さんとの関わり方や、お子さんの夢や進路をどうサポートしていけばいいのかお悩みの方の、参考になればと思います。

日時:1月19日㈫20時~ 約1時間

参加:無料
方法:ZOOMを使用

自分らしさ全開!人間性英才への第一歩

自分らしさ全開!それが人間性英才への第一歩

本校に今年入学した生徒がこの9カ月を振り返り自分の成長ストーリーを話してくれました。

入学前の自分は、大学に通っていたのですが、学んでいることが「自分が本当にしたいもの」という感じがせず、何事に対しても怯えていたり不安を感じていました。「このままではいけない。自分を変えたい!」という感じが強くなって来ていた時に、母がこのベンジャミン学校を紹介してくれました。

入学式の前後で先輩達と交流したときの第一印象は、「先輩すごいな」ということでした。当時の自分は、周りの人に関心がなかったり気配りができない人だったので、それが出来て皆に優しい先輩がすごいと感じたのです。

ベンジャミン学校に入って一番変わったことは、自信を持って話せるようになったことです。最初の方は授業の中で、自分の意見や思いを正直に表現できなくて不安でした。しかし、様々なプロジェクトを自分で計画して挑戦したり、動画のナレーション体験や国際交流オンライン授業、そして普段の授業での発表やディスカッションを通して意見を言う機会が増えて、小さい頃のように自然と発言出来るようになりました!

今後の目標は皆と一緒に取り組んでいる、ベンジャミンHSP12段(逆立ち歩きで50歩あるく)を達成することです!これを通して、失敗してもぶれずに自分をコントロール出来る人になりたいです。

 

ベンジャミン学校は、皆が機会を得られる場所だと思います。普段自分がしないようなことに挑戦したり、普通の学校と違い発表する機会が皆にあり、身体と心と脳がバランス良く鍛えられるのがオススメポイントです。

私は、正直まだ夢や人生の目標が明確ではないですが、自分で自分の人生を選択して創造していく人になりたいです!

 

 

 

【悩める保護者の救世主⁉】保護者オンラインサロン開催

日本ベンジャミン人間性英才学校では、思春期のお子さんをお持ちの保護者向けのサロンを、11月17日オンライン(ZOOM)にて開催しました


今回は、本校の学習館長であり心理カウンセラーでもある、田中ゆかり先生をゲストとしてお招きして、思春期のお子さんの脳についてや接し方についてのお話も頂きました。また、保護者同士で「こんなことで悩んでいます」「うちの子がこのように変わりました!」「こんな時どのように接していますか?」など様々なお話があり、参加した保護者同士でアドバイスをしたり、経験談をお話し頂いたり、とても有意義な時間になりました。


<参加者の感想>

思春期の脳の発達や、思春期特有の感情のことや、他の親御さんの子どもさんへの関わりが、とても参考になりました。まずは、子どもをそのまま認める事の大切さや、好きな事が自信に繋がる事など、なるほどなるほどという感じでした。親御さんとの交流は貴重な機会で、また参加したいと思います。


思春期の脳の事が大変参考になりました。人と会いたくない、コミュニケーションが苦手な息子も、人にどう見られているかすごく気にするので、色々思考して脳を使っているのだな、苦しんでいるのだなと改めて感じました。


脳科学や心理学の専門家のお話しを聞き、非認知能力を上げる学びを知り、なるほど!と思いました。最近、自分の周りでこの非認知能力の大切さをよく聞くので繋がりました!保護者のみなさんのお話しも共感しました。子ども自身がやろうと思うことを見つけ出し、進む力を育てたいと改めて思いました。


オンライン上でグループに分かれて話せるのが実際会っているようで、参加者同士の間が近くなってとても良かったです。ベンジャミン学校の卒業生や在学生の保護者の分かち合いは、悩まれている保護者さんの疑問にとても良い機会だと思いました。沢山の人に参加して欲しいと思います。


本校では、このようなオンラインサロンを今後定期的に開催していく予定です。次回は
1月開催予定です。ご協力ご関心をお持ちの形は是非本校までご連絡ください。お問い合わせはこちら


※今回のサロンの一部を音声のみ公開中。

【すべて見せちゃいます!】オンラインオープンキャンパス

「夢を見つけて叶える」をテーマにした、新しい学校!日本ベンジャミン人間性英才学校。2016年の開校当時からオンラインシステムを活用した授業を行い、生徒からは「自分で選択する力がついた!」「本当に分かり合える仲間ができた」と好評の本校。

その秘密を余すことなくご紹介致します! 「人間性英才ってどんな人?」「普通の学校だけでは満足出来ない」「夢や夢中になれるものを見つけたい!」そんな方は是非参加して、在校生と交流してみてください。

本校の学習館での参加、あるいはスマホ・パソコンでご自宅からの参加も可能です。


【日時】
2020年12月12日㈯ 15:00∼18:00
15:00~17:00 体験授業
17:00~18:00 学校紹介・説明
【参加方法】
オンライン会議室で行います。詳しくはお申し込み後にご案内致します。
【お申込み】
☎052-307-1831または下のボタンより

【世界一楽しいオンライン授業?】オンラインで体験授業開催

2020年927日、日本ベンジャミン人間性英才学校の体験授業が、ZOOMを使用してオンラインで開催されました。本校のオンライン授業は生徒や卒業生からもすごく楽しいと評判で、今回も26人の方々にご参加いただき、楽しい時間を過ごしました。

本校のオンライン体験授業は、授業といっても、何かを学んだり、教えられたりといった受け身のスタイルではなく、全員参加型で行われます。授業の中身は、生徒たちが自ら企画し、進行も生徒たちが行います。

(生徒が司会をしている様子)

体験授業では、参加者の自己紹介から始まり、身体と心と脳を目覚めさせるブレイン体操や、オンラインでこそ楽しめるゲームなどを行い、初対面の人でも自然と皆が仲良くなれるようになっています。また後半には、生徒が本校で取り組んでいるプロジェクト紹介や入学したきっかけなど、生徒の生の感想をお聞き頂ける時間もありました。

(ブレイン体操の見本を生徒が見せている様子)

(プロジェクト発表を生徒が行う様子)


<生徒の感想>

所々ぐだぐだになってしまったけれど、ゲームやプロジェクト発表は完璧で参加していただいた方も楽しそうにゲームに参加していたので良かったです!

・発表がうまく出来るか不安でしたが、始まってみると楽しく、すごくその雰囲気が落ち着きました。最初から最後まで本気で楽しめました!

プロジェクト発表で緊張せずに笑顔を意識出来たからけっこう良かったと思いました。来月も友達誘っていきたいです。

<参加者の感想>

・すごく皆が頑張っている姿を見て、こちらも元気になりました!楽しかったです。

・全く事前知識なく参加したのですが、自分が学生の頃にこんなのがあったら良かったなと強く感じました。私も学生の頃に色々やってみましたが挫折した思い出の方が強く残っているので、本当にいい取り組みだと思います。

・お姉ちゃんがベンジャミンのオンライン授業で楽しそうにいつもしているのを見ていて、参加したいと思っていました。参加出来て楽しかったです。

・ゲームも楽しかったし、ベンジャミンHSP12段に興味がわきました。この学校通ってみたいなと思いました。


本校ではこのようなオンライン体験授業を毎月開催しております。今後のスケジュールはHPに掲載しておりますので、ご興味・ご関心をお持ち頂けましたら是非ご参加ください。


詳しくはこちら

生徒がYouTubeライブ配信に挑戦!

2020年8月15日本校の生徒が、YouTubeで30分のライブ配信に挑戦しました。このライブ配信は一般社団法人ECOが運営している「Get Brightチャレンジ」というもので、世の中を明るく元気にするものです。

ライブ配信では3人の生徒が代表して司会を行いました。3人はソーシャルディスタンスを確保するため、各自家でZOOM(オンライン会議室)を使い一緒に行いました。離れているがゆえに、息を合わせるのも大変で、一週間前から何度もリハーサルを行いました。

ライブ配信では毎回地球のための瞑想の時間があり、何と生徒の一人がそのナレーションも挑戦しました。この凄さは言葉では説明出来ないので、是非その動画をご覧ください!↓

また、今回は本校を代表して3人の生徒が自分たちのプロジェクトを発表しました。

一人目の岩崎ジョシュア君は、以前から取り組んでいるランニングプロジェクトについて発表しました。

二人目の金澤彩月さんは、スマホゲームを通して知り合ったアルゼンチンの友達と話せるようにスペイン語を勉強していることについて発表しました。

三人目の二宮空さんは、昨年取り組んだ完全自作の絵本のプロジェクトと、現在取り組んでいるTシャツづくりのプロジェクトの発表を行いました。

また視聴者に役立つ情報を発信しようと、お勧めの地球市民1分運動を紹介するコーナーも行いました。


<挑戦した生徒の感想>
「普段は皆離れているが、皆で一つの作品を作り上げることが出来て一体感や達成感が感じられた」

「最初はすごく緊張していましたが、始まってみると多くの方が見てくださりコメントもくださったので、後半はリラックスして楽しむことができました」


本校ではこのように、生徒が発表したり挑戦する機会を通して、生徒の表現力やコミュニケーション能力が育つ取り組みを行っております。一人ではなかなかできないことも、皆と一緒だと挑戦出来ます!

 

【間もなく6期生(2021年春入学)募集開始】

★自宅にいながら学校のことが丸わかり♪
オンライン体験授業はこちら

★じっくり知りたいなら…
パンフレットご希望の方はこちら

【毎月開催】オンライン体験授業

本校ではオンラインシステムを活用した授業を2016年開校当時から行っております。授業と言っても、英語、数学、理科といったじっと座って行う座学でなく、全国の仲間たちと身体を動かしながら楽しく交流しながら行う体験型の授業を行っております。今回はそんなオンライン授業を体験会頂ける機会になります。

「人間性英才ってどんな人?」「普通の学校だけでは満足出来ない」「夢や夢中になれるものを見つけたい!」そんな方は是非参加して、在校生と交流してみてください。

本校の学習館での参加、あるいはスマホ・パソコンでご自宅からの参加も可能です。


【日時】
2021年1月27日(水) 19:00~21:00
【参加方法】
ZOOMで行います。詳しくはお申し込み後にご案内致します。
【お申込み】
☎052-307-1831または下のボタンより

 

8/22 ベンジャミン学校オンライン体験授業 開催決定

2020年8月22日(土)にオンライン体験授業を開催します!

本校ではオンラインシステムを活用した授業を2016年開校当時から行っております。また授業と言っても、英語、数学、理科といったじっと座って行う座学でなく、全国の仲間たちと身体を動かしながら楽しく交流しながら行う体験型の授業を行っております。今回はそんなオンライン授業を体験会頂ける機会になります。

「人間性英才ってどんな人?」「普通の学校だけでは満足出来ない」「夢や夢中になれるものを見つけたい!」そんな方は是非参加して、在校生と交流してみてください。

本校の学習館での参加、あるいはスマホ・パソコンでご自宅からの参加も可能です。


【日時】
2020年8月22日(土) 14:00~16:00
【参加方法】
オンライン会議室で行います。詳しくはお申し込み後にご案内致します。
【お申込み】
こちらをクリック


印刷用は↑をクリック

ベンジャミン学校とは?
本校は 2016 年に開校した、生徒が夢を見つけて実現できるよう導くオルタナティブスクールです。通常中学校を卒業した後は進学か就職の2つの選択肢から選ぶかと思いますが、本校ではやる気のある子、普通の学校では満足できない子、夢や進路を真剣に考えている子どもたちに第3の選択肢をご提案しています。
本校の提案は、進学や就職の前に1年間ブランクを設けて、自分のやりたいことや人生の夢を見つけられるような時間をもつことです。このような取り組みは東京大学や京都大学などが1年生に向けて行っている、いわゆるギャップイヤーの制度の中高生版であります。対象年齢は15歳~20歳であり、また一般の学校に通いながら本校にも通えるようにカリキュラムを準備しています。

日韓ベンジャミン人間性英才オンラインワークショップ開催

環境に左右されず、デザインしてく!

2020年7月22日、日本ベンジャミン人間性英才学校(本校)と韓国ベンジャミン人間性英才学校が合同で、オンラインワークショップを開催しました。韓国からは60人近くの生徒が参加し、日本からも5期生全員が参加しました。

生徒たちは、オンラインワークショップのために2週間前から準備をして、リハーサルも日韓で2度行いました。本番は両校の校長先生によるお祝いメッセージから始まりました。

「全世界の人々が新型コロナウイルス感染症の影響で大変な中、このようにオンラインで出会えて大変うれしく思います。過去にとらわれず、互いに礼儀をもって地球を思う心で接すると、友情でひとつになれます。お互いによく笑って、堂々と表現して、いい時間を過ごして下さい」-キム・ナオク校長先生

「両校は、これまで互いの国のワークショップに参加したりと、様々な形で交流してきました。今回このようにオンラインで出会えるのは、私たちが環境に負けずに、新たな時代を創造していく歴史的なスタートになるとだと思い、ワクワクしています。人間性英才として皆が明るい笑顔で、国際交流をしていきましょう。」-品川玲子校長先生 

今回のオンラインの司会は日本と韓国の生徒が共同で行い、お互いの国の言葉は分からないにもかかわらず、阿吽(あうん)の呼吸で見事に司会を務めました


最初に両校の生徒が、ユーモアたっぷりの自己紹介を行いました。日本の生徒はハングルで、韓国の生徒はカタカタでそれぞれ名前を書いて自分を表現しました。





次に、両校の生徒が仲良くなるための「感情表現」ゲームを行い、生徒たちは言葉が違えど心は同じであることを体験しました。そして、両校の代表生徒5名が自分が取り組んできたプロジェクトについて、プレゼンテーションを行いました。

最後には、両校からそれぞれ合同プロジェクトの提案が出されて、今後より一層の交流を約束する時間となりました。


(生徒の感想)

「沢山の韓国生とオンラインで交流できて、ゲームも楽しかっです。言葉は通じなくても心がつながった気がしますプロジェクト発表は緊張したけど話せて良かったです。」

 

「司会をさせて頂いて少し緊張したけど、韓国の生徒の子と一緒に司会ができて楽しくなって凄く嬉しくてワクワクした気持ちになりました!また私が1つ成長出来たと思いました!オフラインでみんなに会いたいです!」


「自分のやりたいことや興味のあることを積極的にプロジェクトを進行する様子が刺激になりました。直接会えなくて残念だがすごくいい時間になりました。」


「日本の生徒とオンラインで新しい出会いを持つことが出来て良かった。初めてオンラインで会うと聞いた時は、何ができるのだろうと思ったが、ゲームもして、発表も聞けて、本当に一緒にいるような感じがしました。」

 


本校ではこのような国際交流の機会を沢山準備しております。生徒たちのグローバル感覚が育つことはもちろん、皆同じ地球に住む仲間であるという地球市民意識が芽生える機会にしています。