素直に喜び笑顔こぼれる自然体の自分に!

3期生の南 空良(みなみ そら)君が入学してからの9カ月を振り返り、自分が成長したことを話してくれました。

入学する前は、イライラすることが多かったです。弟とすぐに喧嘩したり、学校では騒がしい人が気になったり、キレることも多かったです。また表現することが嫌で、素直になかなかなれませんでした。しかし、ワークショップで皆と楽しく遊ぶことで自然に笑顔になり、以前よりも自然に喜べるようになりました

喜べるようになったもう一つの理由は、自分からすることや決めることが多くなったからだと思います。今までは学校でも周りに合わせることが多くて、自分の思うようにならないことや意見が言えないのが辛かったです。でもベンジャミン学校では、プロジェクトや目標など自分で決める機会が沢山あり、自分の思うようにできるので良かったです

自分の思いのままに何かをする喜びを体感した空良君は、現在スカイダイビングのプロジェクトを計画しています。やってみようとしてすぐできるプロジェクトではありませんが、自分で決めたプロジェクトだからこそ、困難や問題にぶつかっても、あきらめずに準備を進めています。また、空港で働く夢に向けて、航空関係の専門学校に進学しようと頑張っています。

また空良君は、水泳にも熱心に取り組んでいます。9月に行われた県大会では400M自由形で第1位に輝きました。「好きこそものの上手なれ」と言いますが、何をするにもイヤイヤするのか、楽しみながらするのかで結果は大きく変わってきます。このように、ベンジャミン学校では生徒一人ひとりが自分だけの「ドリームプロジェクト」を企画して、実施していきます。その過程で、生徒たちはただ「いい経験をした」だけでなく、自分が決めて行動していく喜びを味わいます。それが、勉強やスポーツのモチベーションや自主性の向上などに生きていきます。ぜひ本校で、自分で決めて自分で行動することで得られる喜びを味わってみてください!

新入生募集中!詳しくはこちら

体験キャンプ申込受付中

考えを超えて!脳教育で本来の純粋な自分に戻り、意志の強い自分に

3期生の鈴木 拓哉(すずき たくや)くんに、入学してからの9カ月で成長したことを振り返ってもらいました。

「入学する前から、様々なことに挑戦していました。シンガポールに短期留学したり、ボランティア活動で炊き出しをしたり・・・。でも、それらは自分で意思を持ってすると決めたというより、たまたまそういったチャンスが目の前にきたからしたという感じでした。行動的でしたが、それ以上に考えに陥ることが多く、将来について考えがまとまりませんでした」

「ベンジャミン学校での1年を振り返ると、ため込んだ意志が溢れた感じでした。ワークショップなどで、深く考えず皆とただ純粋に遊ぶことを通して、自分の中にあった意志に気付きました。また自分の意志がはっきりとすることで、コミュニケーションにおいても大きな変化がありました。前は相手のことなど考えずに周りに流されるように話すことが多かったです。でも今は自分からより積極的に話すようになりました。相手のことを考えて空気を読んで話すこともできます。また考えに陥らず自分をコントロールして、もっと相手を思いやれるようになりました

「『選択すれば成し遂げられる』(※1)も体得できたと思います。予想以上に時間がかかったり大変だったりすることがほとんどですが、決めたことがイメージ通りになるようになりました。特に生徒会長になろうとした時は、前期の選挙では選ばれなかったけれど、諦めずに強い意志で次の選挙に向けて準備して、後期で選ばれました!」

「この9カ月で成長したなとは思いますが、目に見える変化がまだ少ないので、これからは成長した部分を更にアウトプットできるようにしていこうと思います。ベンジャミン学校で気付いた留学や起業といった目標に向かって、これからも頑張ります」

何の問題もなくよくやっているように見える生徒でも、進路・人間関係・自分自身に関する思春期ならではの悩みがあると思います。ベンジャミン学校ではそんな生徒一人一人が抱える悩みに寄り添い脳教育を活用して自分で解決できるように導いています!

※1…BOS(Brain Operating System)の5つの法則の一つ

脳教育とは?詳しくはこちら

新入生募集中!詳しくはこちら