やりたいことに思いっきりチャレンジして欲しい

ベンジャミン学校での1年に向けて、すでに歩み始めた大阪の高木玲生くん。
様々な機会を通して変化してきた姿をご両親に伺いました。

▲母・高木桂子さん
▲母・高木桂子さん

伊勢キャンプ参加のあと・・

今年1月、韓国ベンジャミン学校2期の生徒2人が我が家にホームステイすることになりました。この話をした時は「俺はゲームしてるから」と全く関係ない様子。そんな息子が、伊勢キャンプから帰ると、自ら連絡を取って迎えに行き、大阪を案内したり、日本語のサポートをしました。普段、昼間に外出することさえなかったので驚きました。

 

面接

課題の作文は「何も感じないから書けない」と言っていましたが、面接当日に書き、周りの先生方が感動してくださるような発表もできました。

 

関西1dayキャンプに参加

キャンプで行われたいろんなプログラムに積極的に参加しました。その日の夜、学校のクラスメイトから連絡があり、会いました。そして、月曜日、火曜日と続けて学校に行きました。
私には奇跡に思われました。なぜなら、息子は転校を繰り返しており、九州に引っ越したばかりの頃に中学に入学して2ヶ月しか通いませんでした。中学2年の2学期に神戸に転校してからも、授業は受けていません。中学3年の始業式に1度行っただけでした。
息子にとって、学校に行くだけでも、とても勇気のいることだと思います。勉強も全くわからない中、8時から16時までよく頑張ったと思います。

 

国際入学式での活躍

学校に2日連続行った疲れのせいか、入学式のパフォーマンスは「やりたくない」、衣装の浴衣も持っていかない、というような状態でした。
韓国に到着してから、一から練習することになったので大変だったと思いますが、日本の南中ソーラン節、韓国との合同ダンスと素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。笑顔で楽しそうにダンスしている姿は、まさに人間性回復だと感じました。
ホームステイした子とも再会し、楽しい時間を過ごしていました。

▲ダンスパフォーマンスをする生徒たち(前列:黒のニット帽が玲生くん)
▲ダンスパフォーマンスをする生徒たち(前列:黒のニット帽が玲生くん)

ダンスパフォーマンスを通して、韓国の人と交流できて楽しかった。(玲生くん談)

 

アルバイトにチャレンジ

3月10日、中学校の卒業式に出席。17日には自分でアルバイトを見つけ、面接に行ってきました。結果はまだですが、スタートしています。
息子がベンジャミンに参加するたびに大きく変化していく姿を目の当たりにし、毎回驚き、奇跡が起きたように感じました。
初めてベンジャミンを知った時の感動がさらに自分のものとして蘇り、言葉では表現できないほどの喜びと、感謝の気持ちでいっぱいです。息子には、思いっきりやりたいことにチャレンジして欲しいと思います。

 

お父さんの想い

ベンジャミン人間性英才学校に入学を決めてから、息子の良さが表面にいい方向に出てきたと感じています。本来の明るさを失っていなかったと思いました。人への優しさや愛情など、学年が上がるにつれて分からなくなっていた部分を素直に出せるようになってきています。自主性が出てきて、行動的になりました。そして、自然に人のために自分のできることをするようになりました。
息子は、いいものを持っていたから辛かった。世間の常識や学校の意味のないルールなどが納得できなかった。今、本来の自己実現のためのスタート地点に戻ってきたのだと思います。
本来の教育、この学校を創った意義がここにあると言えます。そしてこれからが大切であり、夢も希望も未来が見えてきたと喜びを感じています。我々大人の責任は大きいですが、それは未来につながるやりがいのあることだと思っています。

1期生の活躍が楽しみ 私もサポートしていきます

国際入学式に参加した神奈川県の西巻千史さんに、日本ベンジャミン学校入学を控えた2 人のお子さんの変化、そしてご自身の変化についてお聞きしました。

 

神奈川県 西巻千史さん
神奈川県 西巻千史さん

 

◇高2の娘 本人が感じた変化

▲キャンプで発表する穂香さん
▲キャンプで発表する穂香さん

●以前、人前に出て嫌な思いをしたことがありました。済州キャンプに参加した時に、やりたくない私を皆が待ってくれている状況で、皆の前に立つことができました。そのとき自分の中で何だか分からない不思議な感じがして、苦手だと思っていたことを克服できました。
●ベンジャミン学校の集まりやONE DAYキャンプでは、人から感謝されることが多くなりました。特に何かしたわけでもないのに「ありがとう。お世話になりました」とか「ほのかちゃんのおかげで」と言われるようになりました。

 

◇親から見た娘の変化

●笑顔が柔らかくなった。
●「あれとこれをしなきゃいけないから、急がなきゃ」と行動的になった(そんな娘を初めて見ました)
●自分から「部屋の掃除をしよう!」と動いたこと。

 

◇中3の息子 本人が感じた変化

鉱平くん
鉱平くん

●ベンジャミン学校も県立高校も、どちらも全力でやると決めたので、覚悟を決めたらやる気が出た。

 

◇親から見た息子の変化

●中学で、県立高校合格は無理と断言された息子。ベンジャミン学校に専念するつもりで県立高校受験は必要ないと思っていましたが、本人がどちらもやると決めてから不安な思いよりも合格への決意が勝って本人なりに頑張ったようです。今年は本当に偶然のように定員割れの状態になったため、お陰さまで県立高校に合格しました。
●ベンジャミン学校に行くと決めてから、伊勢キャンプに参加したりしてベンジャミン学校関係者と接していきながらベンジャミン学校の目指すものを知り、そんな夢みたいなことを本気で考えている人たちがいるということに驚いた様子でしたが、受け入れた感じです。
●ベンジャミン学校を決めてから息子が話したことは「こうへいは、歴史に名を残すベンジャミン学校1期生だね」でした。歴史に名を残す1期生が、どんな風に活躍し、どんな人生を歩むのか、今から本当に楽しみです。

 

◇親自身の変化

●ベンジャミン学校を選択した時に「私がこの子を守る」と決めました。覚悟を決めたので不安も心配もなくなり、何があろうと、どんな状況になろうと大丈夫、何でも来い! と肝が据わりました。
●気づかないうちに、親がレールを敷いて、その上を歩かせようとしていた、と気づいたこと。
そんなつもりはなかったのだけれど、想いが強すぎていつのまにか・・・、でもそのようにレールを敷いていたことに気づけて良かったです。

 

◇国際入学式に参加して

入学生たちの明るさ、芯の強さ、優しさ、肯定的なエネルギーを感じ、感動しました。
入学式には、国会議員を始め、メンターの方々など、どなたも社会で活躍されていそうなとても貫禄のある方々がたくさん出席されていました。大規模なサ
ポートシステムがすでに韓国にはあり、日本はそれを導入するだけなのだと、とても安心できました。
ベンジャミン学校設立にあたり10年の準備期間があったそうですが、その一部を韓国で拝見させていただきました。グローバルサイバー大学、国際脳教育
総合大学院大学では、一指李承憲学長が地球経営の視点から「1億の地球人」のために本気で取り組んでいらっしゃること、またベンジャミン学校に入学すれば本人が学びたいことは何でも思いっきり実践できてそれをサポートしてくれるシステムも整っているのを実際に見て、万全のサポート体制が整っていると感じました。
韓国だけでなく、これから開校するアメリカ、中国とも交流しながら、真の地球人精神をもつグローバルな人材になるよう私もサポートしていきたいと思
います。

ベンジャミン学校は子供だけでなく関わる全ての人を成長させてくれるプロジェクト

子ども自身が体験を通して「人間性」に対して関心を持ち、入学を決意するまでを見守ってきた東京の吉村規子さんの体験談をご紹介します。

息子さんがこの度、ベンジャミン学校へ入学する吉村規子さん
吉村規子さん

 

 

◆初めは興味がなくて当たり前

最初に息子にベンジャミン学校のことを話した時は、息子は関心を示しませんでした。
「夢を叶える1 年? いいんじゃない? でも、僕には関係ないよ!」というような態度でした。それは、思春期
の子どもとして当たり前の態度だと思います。自立心は芽生えるけど、まだ視野はそれほど広くない。だから子供
が興味を示さなくても親は根気よく提供する必要があると思いました。

 

◆劇的に変化した人間性英才キャンプ

機嫌の良さそうな時に何度か話し、ようやく済州キャンプ(※1)に送り出したものの、これでダメならもう無理
だと思っていました。
ところが、済州から送られてくる写真はどれもすばらしい笑顔。
案の定、家に戻るなり「ベンジャミン学校の申込書どこ? 」と聞かれ、その変容ぶりにビックリしました。
何が良かった? と聞いた時、「人間性」という答えが返ってきたのも驚きでした。

10代の脳は柔らかい。肌で感じたことをスポンジのように吸収し、そのまま行動する。
(大人は感じても、また左脳でいつものパターンに戻してしまいますが・・)
うちの子だけでなく教室に通っていた子、CAMPで何回も会った子たちが劇的に変化・成長するのを見て、ベンジャミン人間性英才学校がいかに重要か理解できました。

 

◆ますます魅せられたベンジャミン学校

国際入学式(※2)には、息子は期末テスト期間で参加できませんでしたが、保護者として参加させていただきました。韓国の生徒の保護者との出会いがあり、メンターの講義も受け、益々ベンジャミン学校に魅せられました。これは、子供だけでなく、その家族や関わるすべての人を成長させてくれるプロジェクトなのだと思いました。

 

 

※1 済州キャンプ
 2015年12月、韓国の済州で「日韓グローバル人間性英才キャンプ」が行われ、韓国のベンジャミン学校の1期生、2期生と共に日本からも子供たちが参加しました。「私たちがイメージする幸せな未来の学校」というテーマでディスカッションを行ったり、メンターの特別講義、ベンジャミン学校説明会などの様々なプログラムを通して、ベンジャミン学校のプログラムを体験してみました。

 

※2 国際入学式について
 3月4日、ベンジャミン人間性英才学校の国際入学式に出席した保護者は、韓国ベンジャミン人間性英才学校のキム・ナオク校長との面会、韓国ベンジャミン学校卒業生の保護者との懇談会、日本の保護者向けメンター特別講義などを通して、これから1 年間まったく新しい学校生活を送る子供たちをどのようにサポートしていけばいいか、アドバイスを聞く時間を持ちました。