benjaminfranklin
人間性英才のモデル
ベンジャミン・フランクリン

 

ベンジャミン人間性英才学校の「ベンジャミン」は、ベンジャミン・フランクリンから取った名前です。彼はアメリカ100ドル札の肖像の人物で、世界で多くの人々に使われているフランクリン・プランナーも彼から名づけられています。
ベンジャミン・フランクリン(1706~1790)は、人間性英才のモデルとなる人生を送りました。彼は10歳の頃から印刷工として働き、学校には2年しか通いませんでしたが、人生の目的を人格完成に置いて常に自己啓発し、公益のために尽くしました。アメリカで最も尊敬される政治家、そして科学者、発明家、外交官、社会事業家、著述家でもあり、時間管理と自己啓発の先駆者と言われています。

 

また、ストーブ、ロッキング・チェア、避雷針、遠近両用メガネなど、多くの画期的な発明をしたにもかかわらず、自分の名前で特許を申請したものは1つもありませんでした。発明は大衆への奉仕であり、社会発展のためのものだというのが彼の哲学だったからです。
劣悪な環境にも屈せず、自らに価値を見出し、その価値を実現するために絶え間なく努力しながら、人々に夢と希望を与えた彼は、真のグローバル人間性英才です。